噂のユーチューバー、中田敦彦

読書

最近読書しようと心では思っているのですが、

なかなか本に手を付けられない(笑)

そんな一所懸命になっているときにYou Tubeを見ていると、

関連動画にちょいちょい出てくる、

「中田敦彦のYou Tube大学」

 

中田敦彦さんといえば、

オリエンタルラジオのメンバー。

 

オリラジは単純にネタが嫌いなので、

あまり興味は無かったのですが、

いや~この動画は面白い!

 

というより、

「勉強嫌いでも内容を知りたい!」

というズボラな方に最適!

 

気になっていた本が扱われるとテンション上がります。

 

ちなみに、

D・カーネギーの「人を動かす」に関しては、

途中まで読んで諦めていたけれど、

動画を見てから続きを読みすすめる事になりました(笑)

正確に言うと最初から読み直しました(笑)

 

あとは動画の影響で、

「7つの習慣」を買いました。

あ、あと「スティーブ・ジョブズ」も買いました。

アップル信者では無いので興味無かったのですが、

見事に動画に影響されてしまいました(笑)

(というよりどっちかっていうとアンチアップル笑)

 

動画の内容はもちろん面白いのだが、

何よりも印象に残ったのは、

しかし中田敦彦先生は頭が良いんだなぁ。

って事ですね。

 

しかし今日とある動画が目に付きました

 

気になって見たのですが、

中田先生は元は読書好きじゃなかったと衝撃発言?!

え?マジで?

元から読書が大好きな人かと思っていた笑

 

勝手なイメージとは怖いものですね(笑)

 

そして中田先生の読書術とは、

一回目の読書では内容を理解できないで良いとのこと。

スポンサーリンク

 

言葉が違うかもしれないが、

目から鱗でしたね。

 

確かに自分の固定観念で、

一度で内容を理解しなきゃいけないと思っていたかも。

 

しかも分からなければ飛ばし読みしても良いとのこと。

 

なるほどねぇ~、

確かにそうだよなぁ、

よっぽど頭が良い人間じゃなきゃ一回で理解なんかできないよなぁ。

 

二回目などに熟読をするとのこと。

私も今度からその手段で読んでみようと想いました(笑)

 

そして読書で大切な事は、

やっぱり「アウトプット」とのこと。

 

中田先生もスタッフ等にアウトプットをして、

自分に落とし込んでいるようです。

 

元精神科医の樺沢紫苑先生も

「人に話す」ということは立派なアウトプットだと言っています。

 

そして本屋さんに行くと、

「アウトプット」の本は山のようにあります。

 

勉強や読書をする上でアウトプットが大切だという人は、

いっぱい居ますね。

 

それから参考になったのは、

優しい読書から始めるのもありということ。

 

いきなり難しい難解な本から手を付けないこと。

読書に慣れていない人が、

いきなり難しい本を読んでも途中で挫折してしまうということですね。

 

中田先生が動画にも上げた、

「古事記」に関しては漫画で学んだとの事(笑)

 

同じ漫画を読みましたが、

漫画からあの動画を作れるってやっぱり凄いと想いました。

 

ちなみに漫画版「古事記」は、

プライム会員特典で読みました(笑)

 

わかりにくかった方はコチラをどうぞ(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました