90年代を代表するアイドルは「SPEED」一択

未分類

皆さんにとってのアイドルとは、

ひとりひとり違う事でしょう。

 

僕にとっての一番好きなアイドルグループは、

「SPEED」です。

 

ちなみに僕はあまりアイドルを好きになる事はありません(笑)

その中でもSPEEDだけは違った。

 

実際アイドルとして聞いたりしていたわけではありません。

つまり楽曲が好きだったのです。

 

ま、言ってしまえば

「伊秩弘将」のファンだったといっても良いぐらい。

 

伊秩弘将というのは、

解散前のほとんどの楽曲をプロデュースした人物。

 

そしてSPEEDのプロデュースが伊秩弘将の全盛期と個人的には思っている。

この時期の楽曲は本当に神がかっている。

 

もちろん楽曲を消化するSPEEDもすごい。

 

そして素晴らしいアーティスト、プロデューサーに共通している事、

それはカップリングやアルバムの楽曲までもが素晴らしい事。

 

他のアーティストによくある事だが、

売れた楽曲のカップリングがあまりウケないということ。

 

しかしSPEEDはカップリングも素晴らしいのだ。

代表的なモノを上げれば、

「熱帯夜」だ。

 

この曲はPVまでも作られ、

再結成時に発表された、

SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-

にも収録されている。

 

他にも楽曲を上げれば切りがないぐらいだ。

 

少し一例を上げれば、

I Remember

Up To You!

アダムとイブ

Luv Vibration

スポンサーリンク

Carry On my way

Snow Kiss

、、、、、、

おっと、キリが無くなってしまう(笑)

 

楽曲が素晴らしいので当たり前かもしれませんが、

彼女らはゴールドディスク賞などを山程獲ってるんですよね。

 

SPEEDが残した功績は計り知れません。

売上からも分かるとは思いますが。

 

2ndアルバム「RISE」

に関して言えば売上枚数は300万枚。

 

当時は音楽配信サービスもなく、

CD売上全盛だったので「今」とは簡単に比較は出来ませんが。

 

それにしてもスゴイ。

 

ちなみに僕はライブに行ったり、

映像作品を買うほどのファンではありません(笑)

 

CDの楽曲を聞ければ満足できる感じでしたね^_^

 

そしてメンバーの誰のファンというわけではありません(笑)

なんせ伊秩弘将のファンですから(笑)

周りには上原多香子好きが多かったなぁ(-_-)

 

そして再結成をするは良いが、

全盛期の盛り上がりは取り戻せず消滅、、、、、。

 

あっけない終わりだったなぁ。

解散をせずにしばらくは続けていれば良かったのに、、、、、。

 

全盛期を維持は難しいだろうけど。

あの人気絶頂の解散は間違いだったなぁと思います。

たらればの話をしても仕方ないですが。

 

そして彼女らをアイドルというカテゴリーに入れるのは、

間違っているのか合っているのかはわかりませんが。

 

個人的に自分の中でアイドルのだったので、

アイドルとしました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました