現実はアウトプットでしか変わらない【人生において最も重要なこと】

悩み 独り言

現実はアウトプットでしか変わらない。

とある本に書いてあった文章だ。

まさにそうだと思う。

いくら車のペダル、シフトノブの役割を覚えたところで、

車を運転できるようにはならない。

自分で運転席に乗り、

自分でハンドルを握り、

自分でペダルを踏んで初めて車に乗れるようになるのだ。

 

読み書きはインプットであり、

話し、書き、行動がアウトプットだ。

 

学校の並びはほとんどインプットばかりで、

まるでアウトプットがない。

 

自己成長の成長曲線はアウトプットの量できまる。

10冊の本をよんで1冊もアウトプットしないよりも、

3冊読んで3冊アウトプットするほうが自己成長につながるのだ。

 

自分の記憶に定着させたいのなら、

2週間に3回アウトプットすると定着しやすい。

 

そしてインプットとアウトプットの比率は、

3:7が黄金比と言われている。

インプットを1時間したらアウトプットには2時間以上費やしたほうが良いということだ。

 

インプットにばかり時間を費やしていたという人も多いはず、

いや、ほとんどの人がそうかないだろうか?

 

注意が必要なのは、ただアウトプットすればいいだけではない。

アウトプットした後にフィードバックを忘れてはいけない。

フィードバックとはアウトプットの結果から、

色々と学ぶことだ。

見直し、反省、改善、方向修正などだ。

 

正しくアウトプットをすると色々なメリットがある。

記憶に残り、

行動が変わる、

現実が変わる、

自己成長につながる、

そして結果が出るのである。

 

 

人に話すということも立派なアウトプットだ。

自分の意見も入れ込むと更に良いアウトプットになる。

そしてネガティブな言葉は使わずに、

ポジティブな言葉で表現するのも重要だ。

スポンサーリンク

ただの言葉でもとても重要なことだ。

 

アウトプットの基本には書く、話すがあるが、

書くのはとても効果的で、

タイピングよりも自分の手を使って書くほうが効果的だ。

そして驚いたことに、

落書きには記憶定着にとても有効的なのだ。

 

書くということだが、

上手な文章を書くには一つしか手段がない。

それは沢山読んで沢山書く以外にはない。

SNSに感想を書くということもとても友好的だ。

 

アウトプットもとても大切だが、

その前に行動するべきことがある。

それは目標設定を決めることだ。

いろいろな著者が話していることだが、

目標は紙に書いおくこと。

私はパソコンで作業するときに目に入る位置に目標を掲げている。

スマホを見るときにブック型のスマホケースを開いた時にも見えるようにしている。

 

ある本には本当にめちゃくちゃな目標を掲げろという人もいる。

金銭的な目標もあれば、

異性関係の目標も掲げてしまえという本もあるぐらいだ。

目標が目に入る位置に見えればやる気も起こってくる。

 

具体的な目標を掲げる事もありだと思う。

例えば一か月で0.5㎏ダイエットしようとか、

 

それが無理でも絶対できる目標にしなさいという人もいる、

例えば腹筋1日1回とか、

 

目標というのはひとそれぞれに合ったものを掲げればいいと思う。

それは人によってそれぞれ違うのだから、

ひとまずいったん試してみればいいのだ。

 

私が最初に掲げた目標は「月収1千万円」だ。

もしそれが無理なら、

年収1千万円

年収5百万円

月1万円給料アップ

という具合に自分に見合った目標に変えていけば良いのだ。

 

上手くいったときは逆に目標を高く変えてしまえば良いのだ。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました