LUNS SEA 「another side of SINGLESⅡ」

LUNA SEA SINGLESⅡ LUNA SEA

2002年3月6日発売

9thシングル「STORM」~14thシングル「LOVE SONG」

までのカップリングを集めたベスト盤

全ての曲がアルバム初収録となる

地味に嬉しいアルバム

解散後に乱発されるアルバムとは一味違う。

収録曲数も9曲と少ないためか、

値段も¥2500(税抜)と良心的だ。

何気にロゴも戻っている(*^^)v

やっぱりLUNA SEAといえばこのロゴよ。

ジャケットはSINGLESを少し加工したような仕上がり。

このアルバムはSINGLESのDISC2 より少し明るめな雰囲気。

マキシシングルになって3曲入りになってから、

LUNA SEAののカップリングに対する考えが変わったのだろうか?

LUNA SEA SINGLESⅡ

 

1.この世界の果てで

INORAN原曲

「STORM」カップリング

始めての日本語のみのタイトル

 

2.Looper

原曲者なし

「SHINE」カップリング

う~ん退屈な曲、

ライブでやられたらキツイかも(笑)

 

3.WITH

INORAN原曲

「I For You」カップリング

hideが他界した頃にレコーディングされ、

まるでhideに対する唄のように聞こえる。

歌詞とかではなく曲全体の雰囲気というかなんというか。

 

4.inside you

真矢原曲

「gravity」カップリング

まさかの真矢原曲!

 

5.My Lover

SUGIZO原曲

「gravity」カップリング

START UP GIGで発表されて、ずっと気になっていた。

SUGIZOとJの音の太さが全面に押し出されていてカッコいい。

 

6.be gone

INORAN原曲

「TONIGHT」カップリング

やはり聞きどころは最後のギター二人。

何度もニセスコアでコピーしようとしたが無理だった。

INORANのパートは単調で比較的簡単なのだが、

問題はSUGIZO。

難しすぎ(笑)

これをライブでも再現できるんだからやっぱりすごい!

スポンサーリンク

 

7.be in agony

INORAN原曲

「TONIGHT」カップリング

LUNA SEAのTHE明るい曲(笑)

とってもLUNA SEAっぽくないんだけど、

聞きなれて楽器隊のみに集中して聞くと、

やっぱりLUNA SEAなんだなぁ。

んで改めて聞くとLUNA SEAなんだよなぁ、

不思議と。

 

8.INTO THE SUN

J原曲

「LOVE SONG」カップリング

弦楽器隊が結構単調なのに聞きごたえは抜群。

カップリングとしては勿体ない気もするが、、、。

ライブ映えする曲であることは間違いない。

 

9.UNTIL THE DAY I DIE

RYUICHI原曲

「LOVE SONG」カップリング

真矢とJは参加していない。

ボーカル、アコギ、ヴァイオリンのみで構成されている。

終幕前の最後のオリジナル作品の最後を飾る曲なのに、

2人が参加しないって、、、。

まるで終幕を悲しがっているような、

そんな雰囲気の曲。

INORANは珍しくカポを使って演奏している。

↓ご購入はコチラ↓

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてもらえると嬉しいです』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました