LUNA SEA 「STYLE」

LUNA SEA STYLE LUNA SEA

1996年4月22日発売

5枚目のアルバム

初回限定版は透明帯、ピクチャーレーベルディスク

ケースが5種類あった。

そして恒例の透明帯はこの作品で終わってしまう。

この作品以降初回限定の特別感がなくなってしまう。

LUNA SEA STYLE

 

1.WITH LOVE

SUGIZO原曲

レコードに針を落とす音から始まる。

ギターソロは秀逸。

このギターソロを聞いて「下手」と思う人もいるのだから、

上手いギタリストを知らないのは悲しいことだ。

 

2.G.

J原曲

ライブのSUGIZOのコーラスがたまらない。

ギターソロも変態がかっていて素晴らしい。

SUGIZOの「この曲をアルバムの1曲目にしたい」

という発言も他のメンバーから反対され却下。

 

3.HURT

J原曲

イントロのINORANのギターがたまらない。

バンドスコア見るまでSUGIZOが弾いているのかと思った。

INORANにしては珍しく歪んだ音を奏でている。

ギターソロの多重録音も素晴らしい。

 

4.RA-SE-N

J原曲

最初聞いた時は退屈な曲だなという印象だった。

しかし聞く回数が増すごとに良くなっていった。

自分にとってのスルメ曲。

曲の最後にギターソロがある。

段々段々向かって盛り上がっていくような曲。

 

5.LUV U

INORAN原曲

DEAIREのカップリングだが、

音の聞こえ方はまるで違う。

 

6.FOEVER & EVER

J原曲

終幕前の最長の曲。

ライブではテンポが遅いため、

CDは早く感じる。

間奏ではJの語りが入る。

この曲でSUGIZOにボリューム奏法を教わった。

(ボリュームペダル買えなかったから自分の手で必死にやっていたけど笑)

間奏は聞きどころ満載。

真矢のドラムから始まり、

INORANのクリーン、

Jの語り、

SUGIZOのギターソロが交わっていく。

 

7.1999

スポンサーリンク

SUGIZO原曲

変則チューニング&SUGIZOのワーミーで、

演奏は難しくないが再現がそれなりに大変。

最後に女性のナレーションで「I need you」

シングルのEND OF SORROWの断片だということが分かる。

 

8.END OF SORROW

7枚目のシングル

SUGIZO原曲

実はギターが超絶カッコいい、

あんまり目立たないのだが。

「EDEN」の時には曲は存在していた。

未完成だが歌詞もだいぶ異なり、

そっちはそっちで良い曲。

 

9.DESIRE

SUGIZO原曲

6枚目のシングル

ギターのリフがとても印象的な曲。

Jのリフも素晴らしい。

Jのリフがなければこの曲は完成にはならなかっただろう。

中盤のRYUICHIの

Shadows of my LUV

は鳥肌もの。

 

10.IN SILENCE

SUGIZO原曲

8枚目のシングルとしてシングルカットされる。

SUGIZO原曲3部作の最後。

初のタイアップ作品でもある。

 

11.SELVES

INORAN原曲

暗~い曲(笑)

しかしこれぞLUNA SEAの良さ!

一般受けなど到底しないだろうが、

LUNA SEAのこういった曲は結構人気がある。

INORANのつぶやきは何言ってるかわかんない(笑)

 

 

このアルバムでRYUICHIは眠りについてしまう、

次作からはRYUICHIと交代で河村隆一になってしまう。

このアルバムを最後にファンを離れていった人も多いだろう。

↓購入はコチラ↓各サブスクでも聞くことができますよ(^^)

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてください』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました