LUNA SEAを好きになった理由

LUNA SEA LUNA SEA

LUNA SEAを好きになったキッカケ。

1995年発売のシングル「DESIRE」

ミュージックステーションを何気なく見ていた時だ。

なんだこの音楽は?!

簡単な言葉で言うなら「衝撃」でした。

もちろん最初に飛び込んできたのは音楽だったが、

ビジュアル、演奏、メロディー、PV全てにおいて衝撃だった。

その当時もう派手なメイクとかはしてなかった。

またCDジャケットがカッコいい!

LUNA SEAのカッコよさはCDジャケットにも表れている。

インディーズ時代の唯一のアルバム「LUNA SEA」以外では、

CDジャケットに本人たちが一切写っていない。

このシングルの初回限定版はプラケース付きだった。

これがまたカッコいい。

プラケースに曲名が印刷されていて、

プラケースを取ると紙ジャケットには文字が印刷されていない。

ROSIER

外すと

ROSIER

こんな感じ。

写真ROSIERですいません(笑)

DESIRE紛失中(笑)

こういった遊び心というか他のアーティストとは違う所がLUNA SEAなのだ。

そしてこの曲をキッカケに過去の音源にもドップリ浸かっていくことになる。

この時からXとLUNA SEAをメインに音楽を聴く事になる。

XとLUNA SEAの関係をこの時はまだ何も知らなかった。

このシングルは死ぬほど聞いたが、

今振り返るとXのHIDEの発言が当てはまる音源だ。

一言一句覚えているわけではないが

「良い音楽は脳みそに勝手に入り込んで、勝手に情景が浮かび上がる」

↑ゴメンナサイHIDE本人とは言葉とかは全然違いますが、自分の解釈の言葉です

そしてLUNA SEAやXとの出会いでギターを始める事になる。

LUNA SEAの凄いと思うところは、

ギターやベースを演奏して改めて良さに気付く事だ。

ただ聞いているだけでは分からない部分も多々あるのだ。

もしかしたら自分の耳が肥えていないだけかもしれないが(笑)

この辺はどのアーティストもそうかもしれないが(笑)

LUNA SEAの良さは決してCDだけじゃわからない。

もちろんCDだけでも良さは120%伝わるのだが、

スポンサーリンク

バンドスコア(楽譜)を共にすると、

それ以上に良さが分かるのだ。

過去の作品を漁った後は、

過去の作品のバンドスコアも漁った。

脱線するが2020年現在、

LUNA SEAのバンドスコアは物によっては恐ろしいぐらい高値で取引されている。

↓一例

LUNA SEA スコア

 

明確な数字で表せられるものではないし、明確な根拠もないが、

歴史上でもLUNA SEAは最もギター(ベース)キッズを生み出したバンドであるとも思われる。

(ベースのJは「世界で最も売れたアーティストモデルベース」にもなっている)

そしてLUNA SEAの特徴、

新しい音源を聞くと必ずと言っていいほど、

「ん~?良いかぁ?今作は駄作かぁ?」

と思う事。

これは本当なんです。

DESIREとかは良かったんだけど、

新譜を聞くたびに思うんですよ。

だけど何年も経つとものすごく良く聞こえてくる。

ギターやベースを弾くと気付く事も多々。

終幕前のラストアルバム「LUNACY」に至っては、

5,6年~10年ぐらい良さに気付かなかった(笑)マジで。

最初に聞くときにハードルが上がってしまっているからかもしれないが。

というわけでLUNA SEAを好きになった(知った)キッカケでした、

今後は(今更ながら)過去の作品を振り返ったりしてみたいと思います。

↓LUNA SEAおすすめのアルバム↓

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてください』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました