LUNA SEA 「IMAGE」

LUNA SEA IMAGE LUNA SEA

LUNA SEAの2枚目のアルバムにしてメジャーデビューアルバム。

1992年5月21日発売。

前作よりだいぶメジャーを意識した印象。

といってもやはり大衆受けするような楽曲ではない。

(もちろん良い意味で!というよりLUNA SEAはずっとそうであり続けてほしい)

初回限定版は透明な帯だが、

このアルバムの初回盤だけは見たことがない。

LUNA SEA IMAGE

1.CALL FOR LOVE

SUGIZO原曲

女性の多重コーラス

 

2.Dejavu

SUGIZO原曲

定番中の定番曲

ほぼほぼライブでは欠かさず演奏され、

LUNA SEAを語るうえで欠かせない曲。

PVも作られており、初めて見た時はしびれました。

 

3.MECHANICAL DANCE

J原曲

イントロはBUCK-TICKの「悪の華」のオマージュ。

2012年に放送された

WOWOW Presents LUNA SEA TV SPECIAL -The End of the Dream-

でも披露された。

DVD&Blu-rayで入手可能。

ギャンギャン鳴いてるギターがカッコいい(*^^)v

 

4.WALL

SUGIZO原曲

INORANのディレイが素晴らしいこと。

ギターソロの重ね撮りは真似したくなるプレイ。

ギターソロを弾くのには24フレットが必要。

 

5.Image

INORAN原曲

アルバム名が「イメージ」で、

この楽曲は「イマージュ」

しかし歌詞は「イメージ オア リアル」

ライブではINORANはアコースティックギターを持って再現。

 

6.SEARCH FOR REASON

SUGIZO原曲

インディーズ時代からある楽曲。

インディーズ時代の楽曲は、

2011年発売の再録「LUNA SEA」のBOXに、

この曲を含むデモテープが復刻された。

 

 

7.IMITATION

スポンサーリンク

J原曲

イントロのギターが印象的なフレーズ。

あまりライブでは演奏されないような印象だが、

CAPACITY∞LIVE!や終幕時などにも演奏されている。

 

8..VAMPIRE’S TALK

INORAN原曲

SUGIZOの音が右と左から聞こえ、

多重録音にもディレイにも聞こえる。

多分多重録音と思われる(多分笑)

 

9.SIMPTOM

SUGIZO原曲

 

10.IN MIND

J原曲

歌詞にある意味度肝を抜かれた(笑)

「LOVEのページ見あたらない」には小学生ながら恥ずかしかった(笑)

 

11.MOON

SUGIZO原曲

前作にも収録されたがリアレンジされ再録。

メンバー曰く「再録でもリメイクでもない」

しかし本当に完成したのは1996年の真冬の野外だとSUGIZOは発言している。

 

12.WISH

J原曲

DejavuとMOONと共に、

LUNA SEAには欠かせない楽曲。

何かの節目にはこの曲が選ばれることが多い。

スタートアップの一曲目。

終幕ラストライブの1日目1曲目、

2日目のラスト(終幕の本当のラスト)などなど他多数。

ファンの間では「飽きた」と言われたりもしばしば(笑)

、、、、、、は内緒の話(*^^)v

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてください』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました