LUNA SEA 「A WILL」

LUNA SEA

2013年8月28日発売

「Thoughts」

 

1.Thoughts

INORAN原曲

INORAN原曲らしく変則チューニング

 

2.Lost World

RYUICHI原曲

SUGIZOワールド全開が良い感じ。

何気に隠れた名曲

 

販売形態は3種類

初回限定版にはBlu-rayかDVDでMVが収録されている。

 

終幕前みたいに3曲入りかと期待したが、2曲だったorz

 

2013年11月13日発売

「乱」

1.乱

SUGIZO原曲

 

2.ECHO

前作のRYUICHI原曲に続き、まさかの真矢原曲

前奏からJのベースが輝く一曲

 

販売形態は前作と一緒で3形態

 

最初にタイトルを聞いた時にはビックリした。

まさかの「乱」。

SHINE以来の驚き(笑)

 

そしてやっと待ちに待った

8枚目のアルバム

「A WILL」発売

2013年12月11日発売

終幕前の最後のアルバム「LUNACY」から、

13年5カ月振りのアルバム。

待ってたよぉ。

泣き

終幕時は想像も出来なかった事が現実として起きている。

とにかく嬉しい(泣)

 

1.Anthem of Light

J原曲

「INTO THE SUN」のアンサーソングらしいが、

少しLUNA SEAにしては明るすぎやしないか?

 

2.Rouge

SUGIZO原曲

3.The End of the Dream

J原曲

 

4.MARIA

INORAN原曲

待ってました!

REBOOTの時に発表されて、

ずっと聞きたかった曲。

やっと聞ける日が訪れた。

 

5.Glowing

J原曲

THE J の曲

Jの原曲にSUGIZOのスパイスが加わって良い曲になる典型パターン。

アルバム発売前にラジオで一足早く聞けた思い出の曲。

 

6.乱

SUGIZO原曲

 

7.absorb

INORAN原曲

終幕前のLUNACYを思わせるようなINORAN雰囲気の曲

 

8.Metamorphosis

SUGIZO原曲

最初聞いた時はXのDHALIAを意識してるのかと思った。

今までのLUNA SEAにはない楽曲。

ギターソロでSUGIZOのタッピングが披露されるとは思わなかった。

 

9.銀の月

SUGIZO原曲

MARIAに続きREBOOTの時に披露された楽曲。

こちらも早く聞きたかった。

「Days of Repetition」という名前が改題された。

個人的には「Days of Repetition」のままの方が良かった気がするが、、、、。(笑)

しかしギターソロが、、、、、ヴァイオリンになっちゃった、、、、。

ライブではギターで再現されるが。

 

10.Thoughts

INORAN原曲

 

11.Grace

J原曲

Crazy About Youを思わせる楽曲だが、

個人的にはCrazy About Youを越えられなかった感が強い(笑)

 

初回限定版にはDVDかBlu-rayが付いてくるのだが、

今までのシングルのMV集。

今までのシングルにも付いてるのですが、、、、。

Blu-ray付属の初回盤はSHM-CD仕様

ちなみにLOVE SONG と THE ONEは収録されなかった。

 

そして初の試みブック型?ケース

スポンサーリンク

LUNA SEA A WILL

 

REBOOT事態が嬉しすぎて、

このアルバムは楽曲がどうこうより喜びが勝ってしまった。

 

とても思い出のアルバムとなった。

 

しかし不満もある、

とても豪華なCDだし、

Blu-ray付属もわかる、

だけど

LUNA SEA A WILL

ちょっと高すぎません?

まぁ良いんですよ、良いんですけど、、、、((+_+))

そしてバンドスコアに至っては

LUNA SEA A WILL

時代なのかなぁ?

昔のLUNA SEAのスコア2000円~2500円ぐらいだったんですよぉ(/_;)

どうせ欲しくて買うんだけどさぁ、

一瞬躊躇しちゃうよぉ(/_;)

まぁ終幕を知ってるから、

REBOOTしてくれた事に感謝しているから、

良いんですけどね(どっちやねん)

 

とまぁとにかく大満足であることは間違いないです。

それではまた(笑)

 

購入はコチラ↓各社サブスクで聞く事もできますよ(^^)

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてもらえると嬉しいです』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました