ジャパンネットバンクのトークンを再発行

独り言

ジャパンネットバンクの「トークン」が壊れました。

あまり使う機会がなかったのでいつ壊れたのやら。。

 

トークンとは簡単に言うと、

優秀なセキュリティーですね。

 

自分の手元にあるトークンに6桁の数字が表示され、

その数字を入力しないと取引が出来ないってやつですね。

(すごく簡単に言うと笑)

 

そういえば一年程前に壊れて再発行頼んだような、、、、。

その時配達業者から受け取れず返送されてしまったんですよね(笑)

 

一度受け取り忘れるとジャパンネットバンクの方に電話をしないといけません。

 

一度目の再発行はジャパンネットバンクのサイトから全て済みますが、

受け取り忘れると、

スポンサーリンク

 

このように表示されてしまいます。

 

仕方ないので電話をすると、

素晴らしい対応でした。

 

再発行の旨を伝えるとほんの2.3分で完了しました。

 

4月6日に電話をし、

7日~10日掛かるとの事でしたが。

4月10日、つまり4日後には届きました。

 

思ったより大分早かった、

良かったです。

 

僕はとある買い物をしたくて振り込みをしようとしたのですが、

トークンが壊れてしまい振り込みが出来なくなってしまったのです。

 

そして某地方銀行から振り込みを行おうと思ったのですが、

不幸は重なるもんですね、

地方銀行のキャッシュカードが読み込み不良になってしまったのです(笑)

 

タイミングが悪すぎる(笑)

振り込みをする時にはやっぱりネットバンクの方が良いですね。

今回は引き分けですが(笑)

 

普段使いではネットバンクのほうに軍配が上がりました。

 

もちろん双方メリット、デメリットが存在しますが、

慣れてしまえばネットバンクの方が使いやすいですね。

 

ジャパンネットバンクはキャッシュカードと同時に、

VISAデビットとしても使えます。

(一枚のカードで)

 

メリットも多いので、

ネットバンクの口座が無い方は一枚ぐらい作っておいて良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました