間違いなく僕の青春はゼリ→だった。その4,NO NEED

ゼリ→NONEED ゼリ→

間違いなく僕の青春はゼリ→だった。その4

2NDアルバム

「NO NEED」

発売前にテレビ番組で

「sex on the beach」のイントロだけを聞いてドキドキが止まらない(笑)

予約もバッチリ、

入荷日にはきちんと手に入れました。

買ってから家に帰るまでがワクワクなんですよ。

電車の中で歌詞カードを見ている時間がまた幸せ。

いや、しかし

「ユータロー作曲が無いじゃないか泣」

まぁ良いんだけどさ、良いんだけど

やっぱりユータローの曲も聞きたいんですよ、俺は。

まぁなんにせよ

「ゼリ→」が作ったアルバムには変わりない!

「NO NEED」

一曲目は

「CHINA SURF#1」

インスト曲ですね、

この曲はギターを演奏してみると面白い!

2曲目

「sex on the beach」

Na Na Na sex on the beach!

確かコーラスで矢井田瞳が参加している。

当時矢井田瞳とゼリ→のサウンドプロデュースが片岡大志氏だったからだと思われる。

3曲目

「0℃」

アルバムバージョンでイントロにサックス?が入っちゃってる。

個人的にはシングルバージョンが好み(笑)

4曲目

「HOLIDAYS IN THE SUN」

見えない見えない見えない 時代にはさまれ

の部分が好き。

ギターは記憶が確かなら

イントロの一音の為にカポが必要だった。

5曲目

「次の晴れた日に」

6曲目

「TWO WATER FLOW 」

この二曲はシングルと同じバージョン。

「CHINA SURF#2」

こちらはベースが少し目立つ。

ギターとベースの重なり方がカッコいい。

そして

「SISSY DUCK」

こちらはアルバムバージョン

ん~この曲もシングルバージョンの方が好き(爆)

ギターソロが際立って違う。

「GENERATION MUSIC」

この頃は客煽りによく使われていた。

DVD「ALL TOMMOROWS’ PARTIES」でも確認できる。

NO NEED版「NITRO GANG」 って感じのスピード感あふれる楽曲。

そしてこのalbumの要

「光の残骸」

後にツアーでこの曲の歌詞の意味が解る。

そして名曲(個人的見解)

「6/8」

しかし何故ライブバンドがこの編曲になったのだろうか?

スポンサーリンク

これはやはりライブバージョンの方が好き!

そして待ちに待った

NO NEEDツアー

このツアーから宇都宮のライブは、

宇都宮HELPではなく、

宇都宮VOGUEになった。

後にVOGUEは「HEAVEN’S ROCK」に名前が変わる。

ここのライブハウスも中々雰囲気が良い感じ。

HELPもそうだったからなのか、

地下に階段を降りて行く感じが自分のなかでは「ライブハウス!」って感じる(*^^)v

そういえば高校の先輩がゼリ→のファンで、

ステッカー買ってきて!って頼まれたなぁ((+_+))

もう十数年前なのでさすがにセットリストは覚えてない(笑)

「光の残骸」を演奏した後

MCで「翼をください」はもう封印すると、、、。

 

俺「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

「なんでぇぇぇぇ」

確かに光の残骸の歌詞には

翼をくれと叫んでいた あの歌はもう必要ない
鯨が陸を忘れるように 俺がこの足で歩けるように

俺「の、、NO NEEDって「翼をください」がNO NEEDって事?」

記憶が確かなら最後に翼をくださいで締めくくったはず。

もう翼をくださいが聞けないなんて、、、。泣

確かにカバーではあるが間違いなくこの曲はゼリ→色に染まったゼリ→の曲だよ。

封印なんて。

楽しさも目一杯だったが複雑な気持ちも残ったライブだった(笑)

そしてこのツアーを最後に何故かゼリ→は宇都宮に来てくれなくなってしまった(笑)

なんでだろ?

ちゃんと宇都宮だって毎回SOLD OUTしてたのになぁ。

メンバーの気が乗らなかったのだろうか?

その答えは分からないけど、しばらくつまらない日々だったなぁ。

それでは今回はこの辺でとっ(笑)

次回はKISS MY WAY編?

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてください』

ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました