hide 「PSYENCE」-2

hide hide

1996年9月2日

hideの2nd アルバム

「PSYENCE」発売

 

PSYENCE」とは「PSYCHO(精神病)」と

「SCIENCE(科学)」を足した、hideによる造語である。

そしてhideはこれを「バカ学」と訳した。

 

初回盤は3種類の色違いのジャケットで販売された。

入荷日にCDショップに行くと山のようにCDが積まれていた。

初回盤はグリーン、ピンク、イエローで展開されたが、

自分は迷わずグリーンをチョイス。

 

hide PSYENCE グリーン

 

一目で気に入ったのをチョイスしただけ、

他には理由はない。

というかカラーの違い以外は何も変わらない。

 

1. PSYENCE

ツアーのオープニングで使用されていたが、

映像が加わると一段とカッコ良い。

スポンサーリンク

 

4.DAMAGE

一度聞いただけで、すごくカッコよくて好きになった。

ライブでは印象が違く、

ライブはライブでカッコいい。

7.FLAME

「MISERY」の兄弟曲といったところだろうか。

歌詞も被っている部分が多々ある。

ZEPET STOREと出会わなければ出来上がらなかったとhideが発言した曲でもある。

 

9. OEDO COWBOYS

最初に聞いたときがなんとなく聞き流していたが、

改めて聞くとなかなか癖になる(笑)

 

11. GOOD BYE

hide自身が昔は否定していたような曲。

素晴らしい曲。

10年以上経ってCOCCOがカヴァーをしたが、

これまた素晴らしい楽曲となっている。

 

12. 「Cafe Le Psyence」

後に発売されるコンピレーションアルバムのタイトルとして採用された楽曲。

 

15.MISERY

個人的にはシングルバージョンの方が好き。

 

なんだか色々言いたい事もあったような気がするが、

駆け足気味に書いてしまった。

 

何よりもバンドスコアを買ってないから、

書く事も少なくなってしまったのかもしれない。

 

きっと後で書き直すことになるであろう。

 

それでは今日はこのへんで(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました