GoogleやYahoo!での広告運用は難しい!審査が通らない!

未分類

アフィリエイトはほぼ禁止になってしまったYahoo!

少し前の利用規約改正でYahoo!はアフィリエイトを禁止しました。
これはなかなかの激震でした。

Yahoo!さんもなかなか怖い事しますね。
事前に告知されていたとは言えアフィリエイターを殺しにかかりました。

もちろんこれはユーザーを第一に考え、
アフィリエイターを淘汰するという考えなのでしょうが。


しかし優秀なアフィリエイターも駆除してしまい、
これはいかがなものなのか疑問がうかびます。

例えるなら、「死亡事故が起きるから、今後車は日本では乗れません」
と突然言われるぐらいの衝撃でした。

参考:https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/announce/672679.html

アフィリエイトサイトを出稿できるGoogle広告

2020年現在でもGoogle広告ではアフィリエイトサイトは出稿できます。
しかし以前のYahoo!広告同様審査を通す必要があります。

この審査を通すのが至難の業です。
僕も何度か出稿をしていますが何度も審査落ちしています。

少し前より審査に通りにくくなっている印象です。
僕が審査に落ちないパターンが一つだけあります。

それはいくつかの商品を並べた比較サイトです。
金額や返金保証の有無などで並べ替えをできるサイトです。

何度か出稿していますが、比較サイトだけは審査が通っています。
気を付けている事は、どの商品も推さない事です。

A,B,Cの商品を並べて、「Aの商品がおすすめです」などの表現をしないこと。
あくまでも
「料金はこの順番です。」
「〇〇の含有量の順番はこうです」
みたいに淡々と述べていくイメージです。

スポンサーリンク

・審査に通らないパターン
薬事法に引っかかる表現
〇〇kg痩せるなどの表現はまず無理ですね。
紹介する商品の公式サイトにある表現でも審査に通らない事も多々あります。

「薬事法 表現 言い換え」などで検索するのも良いかもしれません。

独自コンテンツの不足
これはGoogle広告の担当者さんに問い合わせても明確な回答はしてもらえませんでした。
これに関しては比較サイトで並べ替え機能を付ければ回避できるような気もします。
公式サイトで述べられている文言だけでは、審査に通りにくいです。

・紹介する商品が一つ
以前はこれでも審査に通りましたが、今は商品が一つではほぼ審査に通りません。

結局どうすれば審査に通るの?

これには明確な答えはありません。

ご自身で出稿して審査を受けるしか道はありません。

が、僕が審査に通るときの傾向を伝えておきます。

僕が最近出稿している広告は、

あまり食品関係は出していません。

食品関係やダイエット関係も出稿する時は、
成分や効能の事は一切書いていません。

含有量の比較程度の記事しか書いていません。
動画配信サービスなどの料金や動画本数などの比較ができるサイト。
こういったサービスの方が記事は書きやすいです。

比較するものが明確な方が審査に通りやすい気もします。
結局のところ自分でサイトを出稿して試すしかありません。

 

今後新しく分かった事があれば記事を更新していきます。

 

 

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてもらえると嬉しいです』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました