Facebook広告のアカウント停止について【鬼畜】

未分類

この文章はアカウント停止を復活させる裏技などは書いてありません。

アカウント停止になった経緯を伝えている記事になります。

 

先日Facebook広告を利用してビジネスをしようとしたところ、

ものの3時間程でアカウント永久停止を喰らいました。

一発でアカウント停止です。

 

ちなみに私は過去に4年程Yahoo!広告

(主にYDN、スポンサードサーチ)

Google広告

(GDN)等

を使用していますが、一度もアカウント停止などはありません。

 

審査落ちは何度か経験しています。

それは主に「独自コンテンツ不足」や「誤解を招くコンテンツ」

などの理由です。

 

Yahoo!にしてもGoogleにしても広告を配信する前に審査されるのです。

いわゆる警告程度で済んでいました。

 

警告も言い過ぎですね、

ニュアンス的には「もう少し改善しないと広告は配信できませんよ~」

ぐらいの感じですね。

しかし今回Facebook広告の処置は「アカウント停止」

もちろん会社によって価値観はそれぞれです。

 

会社AはOKだが、会社BではNG。

そんな事は当たり前にあると思っています。

 

もちろん「会社AがOKなんだからOKしろ」なんて言うつもりもありません。

過去にYahoo!広告やGoogle広告を経験しているから大丈夫だろ!なんて言うつもりもありません。

 

ちなみにですが私が出稿した広告はこちらです

今話題の腕時計のレンタルサービスKARITOKE 月額3980円(税抜)~
腕時計のレンタルサービスKARITOKE 月額3980円(税抜)~ 購入を控えていた憧れの腕時計をレンタルで

 

言い訳にしかなりませんが、そんなに力を入れて作成したページではありません。

「Facebook広告の流れを掴む為に取り敢えず一個出稿してみよう」ぐらいの感覚で出稿したものです。

 

ちなみに広告出稿の際の広告文ですが、

「月額制の腕時計レンタルサービス」

「購入を検討していた憧れの腕時計、レンタルサービスを利用してみましょう。」

です。

 

薬事法や虚偽の表現などで審査落ちするのではと思い、

絶対審査落ちすることはないだろうという広告文を作りました。

 

しかしFacebookから送られてきた文章はこのようなものでした。

 

この文章と同時に、

「この広告アカウントの停止が不当だと思われる場合は、審査をリクエストしてください。」

という文章も付随していました。

 

もちろん審査をリクエストしました。

しかし返ってきた返事は、

 

との文章が返ってきたので私も返信をしました。

内容は下記の通りです。

スポンサーリンク

 

この文章を読んで不快になった方が居たら申し訳ございません。

一発アカウント停止ということで、

動揺してしまい少し攻撃的な文章になってしまいました。

 

しかしFacebookからの回答はこうでした。

もう一度返事をしましたが、全く同じ文章が返ってきました。

Facebookの社内の事までは分かりませんが、

この文章を読んで「本当に人が審査しているのかな?AIが適当に審査しているのでは?」

と思いました。

 

私は一個人なので超巨大組織にたてつこうなどと考えているわけではございません。

ビジネスでYahoo!なりGoogleなりFacebookを利用させてもらっているので、

相手のルールに沿ってビジネスをしていかなければなりません。

 

今回アカウント永久停止になったということは、

Facebookのルールに沿えなかったという事でしょう。

 

ビジネスというのは一回の過ちや誤解で全て失ってしまう可能性もあります。

頭では解っていましたが、現実になると動揺してしまうものですね(笑)

 

しかし今回は非常に勉強になりました。

相手のルールに沿うもなく超理不尽に葬り去られてしまうということが(笑)

 

今回の件については、

「飛び込み営業で相手にあしらわれた」

といった印象です。

 

広告を利用させてもらっている立場とはいえ、

こちらの意見も届かず改善もさせてもらえない。

 

不幸中の幸いと言うべきなのか分かりませんが、

今回は一発目の広告出稿で停止を喰らったので、さほどダメージはありませんでした。

Facebook広告に強く依存していたわけではないので。

というか出だしで死亡フラグですからね(笑)

 

例えて言うなら、

車の免許を取得して、車に乗ってギアをDに入れる前にアクセルを間違って踏んでしまったら一発逮捕にでもなったような気分です(笑)

いや、別に違反したわけでも、違法な事でもないし、誰にも迷惑掛けてませんけど、、、、。

強いて言えば自分の車にほんの少し負担が掛かってしまったかもしれないけど、、、、。

 

 

今回は本当にそれぐらい理不尽の塊でした。

 

まぁFacebook広告が使えない以上、他に道を探すだけですね。

今回はある意味で大きな勉強になったと思います。

 

この文章を作成したのは、

今後こういった出稿でアカウント停止になりますよとお伝えできればと思っての事です。

私は一個の出稿で一発アカウント停止になってしまったのでアドバイスはできませんが、

今後出稿する方の為に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてください』


ビジネス・業界ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました