バイオハザードは何故こんなにも変わってしまったのか【REシリーズ】

未分類

バイオハザードと言えば初代が発売されて20年以上が経つ。

最初にプレイステーションで発売された初代。

 

兄が買ってきたのをコッソリやってみたのが始まりだった。

開始10分で辞めました(笑)

 

怖い、、、、、、、ブルブル(;一_一)

最初のゾンビが出てきた時点で電源オフ!(笑)

 

いや、ホラーゲームの免疫がない小学生には無理。。

はっきり言ってトラウマレベルでした。

 

そして時は流れ2が発売になった。

この時は中学生。

 

周りもやりはじめ、夢中になってやりこみました。

ある程度ホラーゲームの免疫もついたようです。

 

学校から帰ってきてはやっていたのを思い出します。

もちろんクリア特典も全部手に入れたし、豆腐やハンクもやりました。

レオン表・クレア裏

クレア表・レオン裏

やり甲斐がある作りでしたね。

 

そして後に発売された『デュアルショックVer.』

衝撃なことに裏技で最初から全ての武器が無限にできる(笑)

 

ショットガン、マグナム、グレネードランチャー手に入れた時点でほぼ無敵(笑)

最初から無限にできるなんて賛否両論あるとは思うが、僕は賛成。

 

なんというか楽したいんですよね(笑)

「苦労の先に幸せが~」とかどうでもいいんです。

 

とにかくストーリーが解って楽勝に敵を倒したい。

接戦より圧勝が好きな僕です。

 

もちろん苦労した先っていうのも分かるのですが、

人間は本来、怠け者のはずですよ。

 

現代で東京大阪間を徒歩で行く人なんていませんよね?

車、電車、新幹線、飛行機で行きますよね。

 

そんなわけで自分にとって『デュアルショックVer.』は最高でした。

もちろんオリジナルのハードもクリアしたのですが、楽なものの方が魅力がありますね。

スポンサーリンク

 

さらに時は流れ「BIOHAZARD3 LAST ESCAPE」

これがまた興奮しましたね。

 

「追跡者」

前作のタイラントもインパクトありましたが、追跡者はさらにスゴイ。

ホラーゲームであのスピードは反則(T_T)

 

警察署の前でブラッドが殺されるシーンは今でも目に焼き付いています。

そして執拗な追跡、まさに追跡者。

 

当時はトイザらスでフィギュアも買った記憶がある。

 

ってこれAmazonで10万近くで出品されてる(笑)

開けずに取っとけば良かった(笑)

とっくに捨てちゃったよなぁ。

 

もう1つの興奮ポイントといえばやはり、

今見ると画質が粗いですが、あのジルの格好にも興奮しました(笑)

 

中学生には十分な魅力のジル先輩。

あの格好で追跡者に追われるのには興奮しました。

 

しかし「2」と比べるとなんだかあっさり終わってしまう印象だ。

なんせ「2」は4周クリアしないといけないからなぁ。

 

そして「4」で悪夢を体験する事になる。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

 

 

『この記事が役に立った、面白かったと思ったらクリックしてください』


ビジネス・業界ランキング

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました