Amazonの青空文庫を利用してみる

Kindle fire 独り言

Amazonの青空文庫を利用してみました。

青空文庫を利用した理由

最近は漫画などは電子書籍を利用しているのですが、

¥0の書籍が目に入るようになって、

ポチってみたんです。

そうすると早速ダウンロード開始

???

お?本当に無料なのか?

メールが同時に届く。

「Amazon.co.jp ご注文の確認」

 

え?無料じゃないの?

開いてみると、

「注文合計:¥0」

おぉ、安心した( 一一)

 

「青空文庫の提案」(☜こちらも電子書籍)によると

著作権の保護期間を過ぎたものは、

自由に複製を作れます。

引用:青空文庫の提案

 

とのこと。

そして何より素晴らしいのは、

著作権の切れた作品に限らず、

新しい作品を開くことも可能。

ただし

「金銭的な見返りを求めない」

ことが条件。

そりゃそうですよね、

だって消費者がダウンロードしたところで¥0なんだから。

 

最近になって読書を始めた私ですが、

本屋さんに行っても手に取るのは最近の書籍ばかり。

誰もが知っている作家の本を読んでみたい、

と思っていながらも手に取ることをしなかった。

でもこの青空文庫をきっかけに素晴らしい作品が読めそうです(*^^)v

 

一例ではありますが

夏目漱石⇒坊ちゃん

吾輩は猫である

三四郎

 

芥川龍之介⇒ 走れメロス

羅生門

 

福沢諭吉⇒ 学問のすすめ

 

太宰治、宮沢賢治、吉川英治

 

などなど読書なんてしなくても知っている名前が勢ぞろい。

これも電子書籍だから出来る事ですね。

 

私が最初に手を付けた本は、

夢野久作の「ドグラ・マグラ」

うん、難しい(笑)

 

あるビジネス書で紹介されていた本だったので、

読んでみたのですが、

言葉が現代とは異なっている部分が多々あって、

スポンサーリンク

とにかく読みにくい(笑)

 

これからもっと読書力を磨かないとダメですね。

まさかコンクリートを「混凝土」と書くとは知らなかった(笑)

 

だけど難しい漢字にはフリガナもふってあるし、

全く理解できないわけではない。

ってかなんとなくは話が理解できる。

 

いや~とにかく便利(*^^)v

紙媒体ではできない技ですからねぇ。

図書館を利用したりすれば話は別ですが。

Kindle ライブラリー

読書なんて一生しないんだろうなぁと思っていたけど、

これならだいぶハードルが下がった印象ですね。

 

なんとなくカッコよくないですか?

誰もが知っている作家の本を読んだことあるって。

「え?夏目漱石ぐらいは読んだ方が絶対いいよ~」

とか言ってみたいですよね。

まぁ、本ってそーゆーふうに読むもんじゃないですけどね(笑)

 

電子書籍のメリットは、

欲しいと思ったら瞬間的に手に入る事ですよね。

(もちろんネット環境が揃っていれば)

 

電子書籍ならではのメリットもありますが、

やっぱり紙のメリットももちろんあります。

 

ここではメリットデメリットの話はしませんが、

私は両方にメリットデメリットがあると思ってるので、

どちらかに完全に依存はしていません。

 

紙と電子書籍使い分けている感じですね。

 

電子書籍に対する不満を一つ上げるなら、

「ワンピース」の最新刊が紙より一カ月遅れるということ!(笑)

これはどうにかして欲しい(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました