アマチュアバンド、レコーディング編

アマチュアバンドのレコーディング。

青春時代の終わりに向けてなんとか音源として残したかった。

2003年辺りの話だ。

 

高校生にしてレコーディング。

オリジナルの楽曲が4曲程あったため、

高校生最後のライブにCDを無料配布しようと決めた。

 

心からの贈り物。

その証拠に無料配布だ。

 

お金を取って買ってもらえないぐらいなら、

無料で良いから聞いてほしかった。

純粋な気持ちから生まれた考えだった。

 

レコーディングはいわゆる一発取り。

決して音質の良いものではない。

 

一つのマイクで全ての音を拾う。

良い音なわけがない。

しかし決して聞けない程悪い音ではない。

 

某スタジオをホームページで見つけ、

6時間パックというものを発見。

平日限定6時間1万円というパックだった。

 

6時間掛けなんとか完了。

3曲を録音した。

スポンサーリンク

(1曲は歌詞が未完成の為断念)

 

本当は、本当は、本当は

まだ完成には程遠かったのだが、

レコーディングをして、

高校生最後のライブに間に合わすには、

今の状態でその日にレコーディングをするしかなかった。

 

本当は楽器一つ一つ音を録音したかったし、

自分らの納得がいくまで完成させたかった。

だけど時間がどうしても足りなかった。

だけど初めてのレコーディング、

初めて自分のしてきた事が形になった。

そんな気持ちもあってか満足の出来だった。

 

そして配ったお客さんからも、

沢山の素敵な言葉を頂きました。

 

きっと一生忘れる事はないでしょう。

本当に素敵な時間を過ごせました。

自己満足の一種かもしれませんが(笑)

 

そしてバンドは解散に向かって走っていくのだった、、、、、、、、、。

 

 

続く?

かは気分次第です(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました